迷子になったらまずHOMEへ

■キノコつながり
思いついて笑っちゃったつながりですが、どれもうまそう、面白そうでしょ?

▼ワクワクしませんか?

「南仏のトリュフをめぐる大冒険 河出文庫」
(ピーター・メイル/河出書房新社)

なんか昔からこういう儲け話ってありますよね。○○の人工栽培ができるようになった!ってヤツ。これもそう。南仏の黒いダイヤ=トリュフの人工栽培をめぐる物語。プロヴァンスの香りぷんぷんのなんだか楽しい、心憎い1冊。プールサイドのデッキチェアでニヤニヤしながら、のんびり読みたい。(ビキニでね。)あー、プロヴァンス行きたい。夏にどうでしょう?!

因みに文字の色が青緑。お洒落さが10%増しに思える私は単純ですか?
→文字が色つきつながり

▼腹いっぱい食べたい。

「マツタケの話」
(小川真/築地書館)

マツタケの話、あれこれ。まるごとマツタケの話です。
まじめな話なのですが、やさしく書いてあって
モノがモノだけにド素人にも楽しい本です。
高い食べものは大体なんでも好きな私としましては、一度、
おなかいっぱいになるまで、マツタケを食べてみたいです。
中に出てくる人工栽培、成功しないかな。

▼明智抄さん、結構お気に入りです。

「松茸狩りで大人になる」
(「ハンサム・ウーマン」の収録作)
(明智抄/ビレッジセンター)


元気いっぱいの女性作家の短篇集。
女性作家のアンソロジー。明智抄、
大原まり子、小谷真理、斎藤綾子、佐藤亜紀島村洋子、菅浩江、松本侑子、森奈津子。豪華執筆陣に会心の笑みをもらしました。 威勢のいい女性作家が集結。読まずには死ねない一冊。

少女マンガ家・明智抄さんの小説が、「松茸狩りで大人になる」。
会社の先輩に誘われてマツタケ狩りにでかけた主人公。しかし…。ってお話。
相変わらず、情けない男の描写が秀逸で、愉快です。
異常な状況とか情けない人とかを描かせると、筆が冴えますな。
→すごいメンバーつながり
→唸る短篇集ランキング

▼殿様と空のお城に住みたいよ。

「殿様は空のお城に住んでいる」
(「中国の壷 花とゆめコミックス」収録作)
(川原泉/白泉社)

少女マンガ。中編。著者にしては珍しく、舞台は江戸時代。
ヒロインはお姫さまで剣の使い手、殿様のところに
お嫁に行くんだけど、殿様は一見ぼんくら。
でもそれは、ぼんくらのフリをしてるの。
それと言うのも、昔、殿の兄上はヘンテコな手紙を残して自殺していて…。
「わたしが調べてあげる」と、男装して参勤交代のお共をするヒロイン。
くす。
で、このお話ではマツタケがキーなんですよ。ふふっ。
とにかく読んで気持ちのいい佳品。
「笑う大天使」の外伝かな。
明らかに和音さんの御先祖の話のようですしね。 
→城つながり

▼うまいけど腹をこわすぅ?

「キノコ手帖 平凡社カラー新書」
(四手井淑子/平凡社)

キノコがいっぱいの、キノコの本。
新書なのが、すこしうれしいです。ややカワイイから。ややですけど。

カラー写真も豊富。キノコの写真って、カラーじゃないと無意味ですね。
色鮮やかで、明らかに【毒】でしょー。近寄るな、危険。ポイズン。と、
テンションの上がるデンジャーな色合いにもかかわらず無毒なものも
たくさんあって、食いしん坊としては興味を引かれます。

しかし、中には「美味だが、軽度の下痢を起こすこともあるようだ」等の記述もあり、
ドキドキします。食いしん坊としては(笑)。

▼知らなかったけど。

「空の境界 上・下 講談社ノベルス」
(奈須きのこ/講談社)

熊川哲也がクマつながりで、吉本ばなながバナナつながりだとすると、
この方はキノコつながりかなーと。すみません。
最近の読書事情に疎く、あまり存じ上げないのですが、
時々お名前を聞くようになった方です。

「二年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる”直死の魔眼”。浮遊する幽霊の群れ。人の死を蒐集する螺旋建築…。この世の存在のすべてを”殺す”、式のナイフに映る数々の怪異。非日常の世界は、日常の世界と溶け合って存在している―。―あの伝説の同人小説の講談社ノベルス化が満を持して成就(あらすじより)」。

明らかに世代の違う雰囲気が漂っています(笑)。
面白いのかなぁ。教えて下さい。ものものしくてなかなかそそられます。