迷子になったらまずHOMEへ  書評、古本、古本の書評、古本の画像、古本屋 HoneyBeeBrand*みつばち印

■マッチつながり
なんとなく、チョー季節はずれですが(現在7月)、つながってしまったので。
可愛いアイテム。はかないところもいいです。

▼いいなぁ〜!

「マッチで旅するヨーロッパ」
(松本貢実子、BUSY TOWN/ピエ・ブックス)

やっぱいいなぁ、ヨーロッパは。

松本貢実子さんのマッチコレクションが披露されています。
ヨーロッパのマッチです。
40〜50年ほど前のものがメインとか。
オールカラー。ただごとではない可愛らしさです。
うらやましい〜。私も欲しい〜。オナゴなら、身悶えするはず。

「食べ物」、「スーパー」、「こども どうぶつ」、「乗りもの 家電製品」、
「民族」、「クリスマス」などのテーマに分けて収録。
うぅ〜ん、どれも甲乙つけがたいよ!
全200p。けっこう見ごたえアリ。
→ミニ特集・どんな旅に出る?
現在、¥2310で流通中。

▼スウェーデンのマッチ。

「スウェーデンのマッチ 角川文庫」
(ロベール・サバティエ 竹内由雄訳/角川書店)

1930年代のモンマルトルが舞台。
母親が自殺し、孤児となった10歳のオリヴィエ少年が主人公。
「青春小説」と言われていますが、もうちょっと幼い感じです。

オリヴィエが、いつもポケットにスウェーデンのマッチを忍ばせているんだって。
勇気の象徴であり、明るく生きられる力の象徴なんだって。
なるほど。
→ミニ特集・少年の日

▼マッチと言えば、これよね〜。

「マッチ売りの少女 サンリオ・ギフト文庫」
(アンデルセン 山室静訳 味戸ケイコ絵/サンリオ)

サンリオ・ギフト文庫、お気に入りです。
いつか揃えてみたいなぁ!

収録作は、
マッチ売りの少女、豆つぶの上に寝たお姫さま、詩で書いたお話三つ、
父さんのすることにまちがいはない、一つの莢から出た五つぶの豆他。


→ミニ特集・サンリオ・ギフト文庫

▼小びとさんの寝床。

「サーカスの小びと ケストナー少年文学全集」
(ケストナー 高橋健二訳/岩波書店)

サーカスの小人さんのお話。
小人さんはマッチ箱で寝ています。
きゃー、かわゆい!
私、「サーカスの小びとさんフィギュア」を売り出すべきだと思うのです。
→サーカスつながり