迷子になったらまずHOMEへ

▲ミニ特集の目次へ

● ミニ特集 メルヘンの部屋 ●
▼「メルヘンの部屋」という小型本シリーズ

○約15.3cm×10.4cm、約30ページ、小さくて薄い本です。様々なテーマと様々な執筆者が魅力的。発行日の記載はなし。独特の雰囲気から言って70年代後半? 世界文化社発行。

○あの時代特有の何とも言えないチープ感があります。(いや、誉めてますよ。)
執筆者が豪華だったり、お遊びがあったりして、珍品揃いのコレクターズ・アイテムと呼んでも過言ではないはず。私が最も注目しているのは勿論、中井英夫が執筆している「香りのおもいで」。中井英夫の全作品リストに入っていながら、あまり実体を知られていない幻の書、というのは言いすぎですか?(作品自体は作品集にも収録されています。)その他、下に独断と偏見で注釈を付けてみましたので、お楽しみください。

○さて、この本ですが、どういう代物かと申しますと、世界の詩とメルヘンという副題がついておりまして、
じつは世界の詩とメルヘンというセットの一部。「メルヘンの部屋」単独の価格の記載がないことから、発行当時のバラ売りはなかったと推測しますが、現在古本屋さん等では、メルヘンの部屋のみ、あるいは、同じくセットの一部の詩画集のみで出まわっていることが多いです。
→※は、どういうこと?世界の詩とメルヘンって何?

現在の当店の在庫も、このメルヘンの部屋のみ。しかしながら、セットのカセットはそれほど聞いて楽しいものでもなく(笑)、詩画集と共に、あまりセットの関連性(テーマの共通性)は見出せませんので、これだけで充分価値がある、というより、これが一番価値がある、と思います(あくまで私的見解)。 例えば、第2巻の場合、「世界の音楽」のカセットタイトルは「エーゲ海の真珠」、詩画集は「パリ・スケッチ」、「メルヘンの部屋」は「星空のコンチェルト」ですし。
発行当時の評価はともかく、今となってはカセットだけがあるよりもメルヘンの部屋だけがあるほうが、100倍価値有りだと思います(あくまで私的見解)。

→※世界の詩とメルヘンって?

「メルヘンの部屋1 
365日の花ことば

絵/熊田千佳慕

その名の通り、365日の花ことば紹介。

「メルヘンの部屋2
星空のコンチェルト

絵/枇杷連、詩/武鹿悦子

絵と詩でつづる12星座の紹介。

「メルヘンの部屋3
メルヘンの世界から

矢川澄子(文)と12人の画家による。
12人の画家=
宇野亜喜良、牧野鈴子、東逸子、味戸ケイコ他。表紙は味戸ケイコ。

いろんな童話の一番いいところに素敵な挿絵。

「メルヘンの部屋4
愛の12月

詩/若谷和子、絵/牧村慶子

12ヶ月の月の名の由来紹介。

「メルヘンの部屋5
アンティックな世界

梅田晴夫(文)、若谷和子(詩)、門坂流(画)

飾りテーブル、鏡、椅子…西洋アンティーク入門編?、さらっとした薀蓄。

「メルヘンの部屋6
花の伝説

文/内山登美子、画/深沢邦朗

それにまつわるギリシア・ローマ神話で紹介する花々。

「メルヘンの部屋7
香りのおもいで

中井英夫(詩と文)、建石修志(画)

「香水に寄せる11の脚韻詩の試み」を収録。
この全集のキキメ。

「メルヘンの部屋8
人形の国から

文/なかえよしを、画/上野紀子、解説/吉田叡子

ビスク・ドールは勿論、レンチ・ドールまで出てくるお人形紹介。

「メルヘンの部屋9
タロットの主役たち

文/舟崎克彦、画/太田大八

「メルヘンの部屋10
恋の法典

藤本義一(文)、杉本一文(画)

スタンダールの「恋愛論」より藤本義一が抜粋して解釈。
→恋愛論つながり

「メルヘンの部屋11
誕生石

絵/横尾龍彦、文/乙竹宏

12ヶ月の誕生石紹介。

「メルヘンの部屋12
花ことばによせて

詩/若谷和子、画/篠田昌三

花ことば紹介。

「メルヘンの部屋13
数字たちのティータイム

画・レイアウト・文/直江博史

直江博史がマルチな才能を発揮して、オッシャレーな絵本。

「メルヘンの部屋14
色の小宇宙

文/楠田枝里子、絵/佐藤和宏

楠田枝里子(文)、ではありますが、引用されている短歌は須永朝彦塚本邦雄、詩がランボー、ロルカ、宮沢賢治…など。

「メルヘンの部屋15
イニシャルのささやき−ミステリーの世界より−

各務三郎(文)、東逸子(画)

各務三郎による、ミステリー界の人気者紹介。イニシャル順。Hはホームズさんという具合。
→ホームズつながり

 
「メルヘンの部屋16
ことばたちのフーガ

種村季弘(文)、石阪春生(画)

不思議の国のアリスならぬ、ことばの国のアリス。種村季弘とことば遊び。すてきッ。
→アリスつながり

「メルヘンの部屋17
エスプリの小箱

河盛好蔵(文)、司修(画)

ここを切り取ってみろとか、逆さに印字したりとか、徹底的なお遊び。まさにエスプリ。ふくらんでいるように見えますが、錯覚です。

「メルヘンの部屋18
紅茶の本

里見しげみ&水森亜土

かわいー。見るからにキュート。この全集の第二のキキメかな。
(※この巻は<世界の詩とメルヘン第18巻>としての在庫です)

   
● ご参考までに / 注・在庫はありません ●

●○ 世界の詩とメルヘン ○●

世界文化社発行。 恐らく、全18巻。発行時定価は各巻¥3200
。当時としては高価ですね。発行日の記載はなし。独特の雰囲気から言って70年代後半でしょうか?

世界の詩とメルヘン第7巻。右上から時計回りに箱、メルヘンの部屋、詩画集、カセット。各巻箱入りで、以下の3種類がセットになっています。

▼メルヘンの部屋という本。
約15.3cm×10.4cm、約30ページ、小さくて薄い本です。様々なテーマと様々な執筆者。

▼「世界の音楽」というカセット
全曲唄ナシのムード音楽(というのでしょうか?)です。

▼詩画集
約15.3cm×10.4cm、約30ページ、小さくて薄めの本です。各巻とも、詩1篇につきに1ページ、さらにその挿絵に1ページを割いています。詩の著者はリルケ、ゲーテ、プレヴェール、コクトォ等々、じつにさまざまですが、絵はどの巻もすべて松永禎郎。

※当店の現在の在庫は、「メルヘンの部屋」という本のみです。写真はどちらも参考画像。在庫はないです。

世界の詩とメルヘン 全巻

▲ミニ特集の目次へ